トップ

求人で集まらない時は

求人しても集まらない場合は

求人で応募が集まらないときには

求人をする場合には、たくさんの応募者の中から優秀な人材を採用することが理想ですが、業種によっては、風評やイメージだけでなかなか応募する人が集まらない場合もあります。そんなときにはワンクッション置いて、いきなり入社と言うよりは体験で仕事をしてもらって、それで双方が納得すれば採用になるケースもあります。そのために、応募をする側としてもどんな仕事かが実際にわかって、自分に合うかどうかも判断できます。求人を探す場合に、どんな仕事がいいのか悩むときは、そういった体験ができる会社をチェックするのも一つの方法です。

募集で人が集まらないとき

求人で人が欲しくても集まらないことは結構あります。とても残念なことですが、規模が小さい会社とか、知名度が少ない企業とか、特別な特徴を持っていない会社とかでは、応募者が思うように集まらないことは多く、単純な活動だけでは目的を果たすことができません。したがって、さまざまな工夫が必要になります。PRの仕方やネットワークの使い方などもその一つです。そして、少し長い期間がかかってもいいという場合は、再就職支援会社を訪れて、求人紹介してもらうのも一つの方法です。再就職支援会社は企業が希望退職などをして応募した人たちを預かりますので、適性を見たうえで、紹介してもらえる可能性があるからです。あらかじめ登録しておけば、いいチャンスに恵まれることもあるわけです。

↑PAGE TOP